名言

時は金なり!この格言を実践し莫大な資産を入手する方法

投稿日:

時は金なり!この格言を実践し莫大な資産を入手する方法

Sponsored Links

「時は金なり」という言葉の通り実践すると資産は積み重なっていく

「時は金なり(タイム・イズ・マネー)」
誰もが一度は聞いたことある言葉ではないでしょうか。

時間は有限で、時にお金と同じように重要なものだと扱われます。しかしこの言葉を深く理解して行動に移している人は多くはないでしょう。ほとんどのビジネスパーソンが当たり前のように感じてしまい、この言葉の本質に迫ろうとしません。

この言葉を十分に理解すれば、自分の資産はコツコツと積み上がっていくでしょう。

理想なライフスタイルを獲得したい男性にとっては、是が非でも抑えておきたい格言ですね。

今回はこの名言について深めていければと思い、まとめました。

「時は金なり」は何が由来?誰がいった言葉?!

「時は金なり」は、西洋のことわざ「Time is Money」からきています。この言葉は、ベンジャミン・フランクリンが広めていったといわれています。元々は、古代ギリシャのディオゲネスがいった言葉「時は人間が消費しうるものの中で最も貴重なものである」が由来といわれています。これは、16世紀に活躍したフランスの作家ラブレーが記したものから、「時は高い出費である」という言葉の「Time is Precious」と英語に訳され、フランクリンが「Time is Money」と変化させていったようです。

現代に伝えられている言葉ですが、古代ギリシャからも同様なことが思われていたということが不思議ですね。

どの地域でも似たような言葉が使われており、中国から伝えられた「一刻千金」も同様の意味があります。

Sponsored Links

「時は金なり」という言葉を重く受け止め時間の使い方を考えよう

時はお金と同様に貴重なものといわれますが、決定的に違う事柄があります。
それはお金は使わなければ減らないけれど、時間は使わなくても減っていきます。誰もが平等に有しているもので、時間の使い方によって自分の将来を大きく変化させることも、平凡な人生に落ち着くことにもなります。

また、お金は増やすことはできますが、時間を増やすことは不可能です。1日24時間と決まっており、物理的にこれを増やすことはできません。しかし、考え方によっては増やすことも可能です。

時間を増やすことを先に考えるより、重要なのは時間の使い方です。

時間にも「消費」「浪費」「投資」がある

お金と同じように時間にも「消費」「浪費」「投資」があります。

消費は、普段自分が生活していく上で必要な時間。例えば、睡眠時間や食事の時間、仕事の時間、余暇の時間などいくつも考えられます。

浪費は、無駄な時間。よくありがちなのが、「休日は一日中寝てしまった……。」、「テレビを見ていたら気がついたらもう寝る時間だ……」、「全然仕事が来なくて、無駄な時間を過ごした。」など、自分でわかっていると思いますが、無駄だと思える時間の使い方です。

投資は、自分の将来のためにする勉強、会社であれば昇進試験のための勉強、営業さんであれば、営業先との信頼関係を築くための時間など。細かいところをあげたらキリはないですが、共通していえることは最終的に自分に何かしらの形になってリターンがあることです。

お金の投資も実際にそうで、自分に対して何かしらのリターンがなければ投資はしないでしょう。
時間も同様で、割いた時間から何かしらリターンがなければ、実行に移さないかと思います。
資格試験であれば、合格するために勉強しているはずであって、合否には興味なく、知識を増やすために勉強しているということはないでしょう。もちろん、勉強した結果知識が身につくことはありますが。

お金と同じように、自分の資産をより多くするためには、時間に関しても「投資」に傾倒させる必要があります。

消費と投資を上手く絡み合わせると相乗効果が!

浪費はゼロにすることが一番です。
そのため、消費と投資を上手く絡み合わせるのがいいでしょう。

例えば、娯楽に使う時間を仕事に関係する人や自分の大切な人と一緒に時間を共有するとか。食事を自分一人ではなく、商談先の方とご一緒するとか。いわば「ながら」状態がいいといえます。
趣味などにかける時間も実益を含んでいる状態にすれば、調度良く絡み合っている状態といえるでしょう。

上手く使うと、時間だけでなくお金の節約にもつながるので自分の行動について見なおしてみたいですね。

時間の使い方がわかったら増やすための方法を考える

時間の使い方をしっかり理解したら、次にどうやって時間を捻出していくかを考えていくことが大切です。
使い方が不明なまま時間が増えたとしても、自堕落な生活を行ってしまう方がいます。そうなるともったいなく生産性も何も無いため順序がとても大切です。

しかし1日24時間って決まっているけれど、どうやって増やすの??
ってお考えの方、ひとまず自分の一日を見直すことからはじめてみるといいでしょう。

スケジュール管理をしっかり行う

起床から就寝までの時間を1日のスケジュールに落とし込んだ時に無駄と思えるような時間はありませんか?

つい夜更かしをしてしまい、次の日の朝出社ギリギリまで寝てないと辛い!
というような生活スタイルになってしまうと、会社に行ってからでも頭が働かず、身体も思うように動かず、最高のパフォーマンスが発揮できません。

睡眠時間や朝の時間の使い方を見直すことからはじめましょう。

残業が多く仕事の時間が長引いてしまう方は、それは本当に必要な残業か。通常の勤務時間内に終わらせることができないかをしっかり考え、仕事をこなしていくことも大切です。

9時出社の18時定時であれば、18時以降の時間は自由に使えると思います。
自分がどういったことに時間を費やすかも大切ですが、自分のために使える時間はどれくらいあるのかをしっかり把握することも大切です。

体調を管理する。最高のパフォーマンスが発揮できる睡眠時間を確保!

体調を管理することは大切です。体調管理がしっかりなされていれば、風邪でダウンしたり疲れ果てて、休息しなくてはならない時間も減っていきます。そのためにも十分な睡眠時間を確保することは大切です。
ここで重要なのは、十分な睡眠時間は人によって違うこと。何時間寝ればいいかも、どの時間に寝て、どの時間に起きるかも人それぞれ違います。

極端な話をいえば、3時間寝れば大丈夫な人と8時間睡眠時間が必要な人では違います。自分がどの時間に寝て、どの時間であれば良い目覚めになるのか知ることも大切です。そういった意味では、寝具にお金をかけるというのは理にかなっているといえるでしょう。

また、定期的に行う仮眠を活用するのも一つの方法です。

朝の時間を上手く活用する

早起きは三文の得というように、朝早く起きて有効活用することで人生を変えてしまう人もいます。
ちょっとしたジョギングやウォーキングなど軽い運動をして健康維持やストレスケアをする方もいるでしょう。
中には、朝5時に起きて出社までの3時間を上手く活用して、起業準備を行うという強者もいます。

朝活に参加するというのも有意義な時間の使い方でしょう。
自己満足のために時間を活用するのではなく、人生を良くしていくという観点で朝の時間を活用すると、時間の投資になるといえるでしょう。

「時は金なり」という観点で考えるなら、自分の時給が1,500円だったとします。そしたら毎日3時間4,500円分のものが手に入ると考えられ、とんでもない金額になります。1ヶ月(30日計算)で135,000円。1年間(365日計算)で1,642.500円になります。コツコツ自分で積み上げていけば莫大な額になりますね。

業務時間の使い方を見直す

定時のみ働くという観点で考えるのであれば、仕事に割く時間は7~8時間程度になるでしょう。そうすると自分に与えられている時間を思う存分使っていく場合、大事なことが発生します。

すべての業務を普通にこなしていたら時間内に終わらない……ということ。

そのため自分の中で不要なものを少しでも削る努力をして、必要なことと重要なことにしぼって業務を集中させていくのがいいでしょう。

よくありがちな無駄と思える時間はメールチェック。メールチェックにかける時間はとてつもなく長く(もちろん必要なメールもあります)こちらを上手くショートカットし、自分の仕事に集中していけば実は早く仕事を片付けることができるようになるのです。

スキルアップする

仕事を早くこなすために、必要不可欠なのはスキルアップです。技術の習得というより、自分の行っている仕事をどれだけ普段から簡略化できるかを考えるのが大切です。例えば、業務でエクセルをよく使うのであれば、エクセルのスキルを上げていくことは大切だし、文章を読むのが業務の中心であれば、より早く正確に読むスキルを向上させることも大切です。

ライターだって、タイピングのスピードが上がれば仕事効率は格段に上昇します。

こんな風に、自分の仕事にまつわることにおいて常に改善とスピードアップが図れるようになれば、その分仕事時間も凝縮され早く会社から帰れるようになるでしょう。

常に整理整頓を行い探しものに費やす時間をなくす

無駄な時間の一つでよく話題に上がるのは、探しものに費やす時間です。

仕事においてもそうですが、普段生活している場所に於いて、整理整頓を行うことは大切です。人は年間150時間もの時間を探しものに費やしているというデータが発表されています。

ある特定のモノはここに置いておくなど、決めてしまうことで探しものに費やす時間を極力ゼロにしましょう。

忘れ物に関しても似たようなことが言えそうですね。

ビジネスマンが「探し物」に費やす時間は、年間何時間でしょうか?

「時は金なり」を考えると最終的にここに辿り着く「健康年齢」

1日24時間というのは決まっています。しかし、人の一生というのは人それぞれ違います。

100歳まで生きる人もいれば、50歳で亡くなってしまう人もいます。平均寿命を考えると男性は80歳で女性は86歳といわれています。医療の発達や健康知識の向上によって平均寿命は年々伸びています。
しかし、自分自身が健康でいられる年齢っていくつでしょうか?

生きているのと元気で動いていられるというのは違います。おおよそ70歳までは健康でいられるといわれていますが、長い人はもっと先まで健康でいられます。

この先、医療がもっと発達し平均寿命は100歳を超える可能性もあります。事故などは考えずに天寿を全うするというのであれば、100歳近くまで生きるというのも十分現実的な話です。

そこで重要になってくるのは健康についてです。
ある成功者がいってました。「健康に勝る投資は無い」と。自分自身が精力的に働ける年齢が上がれば上がるほど、稼げる金額も増えていきます。

普段健康にしておけば、1日ごとの活動時間も長くなりますし、結果大きなお金を稼げるようになっていくでしょう。

食や日用品など自分のライフスタイル全てにおいて、もう一度見なおしてみるのがいいのではないでしょうか?
健康を害するものは身近にたくさんあります。末永く健康でいるためにも、あなたの身体をもっと労ってあげたらどうですか?

Sponsored Links

時間を確保したら、さあ何に使う?!「時は金なり」

1日24時間という時間のうち、自分のために使える時間を確保したらどれくらいになるでしょうか。
普通のサラリーマンだったとしても、平日は5~8時間程度作れるんじゃないでしょうか。残業が定時の人は頑張ったとしても3時間程度になってしまうかもしれません。

しかし、1日のうちに確保した時間をどのように使うかによって大きく人生は変わっていきます。
ただ遊んで使うこともできれば、資産を増やすこともできます。資産という言葉を使っているのは、金銭的なものだけでなく、あなた自体が資産だからです。お金を稼げる知識や方法を身に付ければ、いくらでも稼ぎだすことができるでしょう。

この事実がわかったら、あなたはどんなことに対して時間を費やしていきますか?
行動する人はどんどん先に行ってしまうため、かなりのスピードで差がついてしまうかもしれないでしょう。

まとめ

「時は金なり」というテーマで、時間について書かせていただきました。

時間の使い方が自分の人生を決定していきます。豊かな人生を送りたいと考えていて、今の延長線上にそんな未来が無いならば、今の時間の使い方を見なおしてみてはいかがでしょうか。

時間はできるものじゃない!作るものだ。

-名言
-, ,

執筆者:

関連記事

「ひぐらしのなく頃に」の名言は勇気と未来を変える力が貰える

「ひぐらしのなく頃に」の名言は勇気と未来を変える力が貰える

Contentsひぐらしのなく頃にの名言は極限状態の人間の心理を絶妙に表現ひぐらしのなく頃にの主人公「前原圭一」の名言なんて楽しいんだろう…都会じゃこんな風に友達と本気で遊んだ事はなかった運命なんて自 …

フルーツバスケットの名言で泣く!心に染みる名言30選

フルーツバスケットの名言で泣く!心に染みる名言30選

Contents感動!そして、ほっこりするフルーツバスケットの名言本田透の名言めげてはダメです!ネバーギブアップです!記憶だけ消されてしまっても、またお友達になってくださいね今も誰かが羨ましがっている …

ドラゴンボールの名言が熱い!常に燃える熱き情熱とパワー

ドラゴンボールの名言が熱い!常に燃える熱き情熱とパワー

Contents心の炎が沸々燃える!ドラゴンボールの名言・名台詞集孫悟空の名言おまえなんかにはもうやられねえ!!おらのドラゴンボールとクリリンの命を返せ!!オラのすべてをこの拳にかける!!!!じゃ、ケ …

【すべらない】中二病のセリフは笑撃が走る魔法の言葉

【すべらない】中二病のセリフは笑撃が走る魔法の言葉

Contents中二病のセリフをリアルで使いこなせば絶対人気者に!場を盛り上げるセリフまとめ【説明しよう!】そもそも中二病って?どんなセリフが中二病っぽいの?恋愛にまつわることで使える中二病のセリフこ …

必見!テニスの王子様の名言は心を奮い立たせる言葉たち

必見!テニスの王子様の名言は心を奮い立たせる言葉たち

Contentsテニスの王子様の名言は、男を熱くさせる!越前リョーマの名言You still have lots more to work on… (まだまだだね)奪い取るっス…アンタから奪い取ります …