グルメ

【やみつきになる八王子ラーメン特集決定版】名店・青葉や圓ほか人気店を徹底紹介!

投稿日:

【やみつきになる八王子ラーメン特集決定版】名店・青葉や圓ほか人気店を徹底紹介!

Contents

Sponsored Links

八王子のラーメンは基本を守る大事な要素!応用はベースがしっかりしてから

八王子は、新宿から一時間もかからずいくことができる西の都。住んでいる人も多く、駅周辺はいい具合に発展し、利用者もかなり多い。そのためご飯が食べられる場所も多く、ラーメンでもあまり変わらない。また、八王子とラーメンでピンと来る人は、「八王子ラーメン」というご当地ラーメンがあることに気づくはず。よく聞く八王子ラーメンはどんなものなのか。何か特徴があるのか?また、八王子ブラックという単語もうっすら聞いたことあるけれど、何か関連性はあるのか。とても気になりますね。

絶妙な味を楽しませてくれる八王子のラーメン店をまとめました。
デートでも、友達とでも旨いものを探し求めに行ってください。

1:麺や 樽座 子安町店・・・力強さと香ばしさのタッグ!これ最強

海老油と味噌のコラボレーションが特徴のえび味噌ラーメンがイチオシのお店。海老の香りってなんでこんなに胃袋を刺激して食欲を掻き立てるのかとても気になる。味噌の力強さと優しさに香ばしさが上乗せされたなんて反則!何度もリピートしたくなるじゃないか。今日の気分は別だったとしても選択肢が多いのも嬉しい。夏だとラーメンなど温かいものは敬遠しがち。そんな時は冷やし麺なんかも欲しくなる。800円で食べられる冷やしバジルまぜそばは、食べている最中だけでなく余韻も涼感を感じられる一杯。
ああこんなにも美味しいラーメン食べられて幸せ。

【店舗情報】
●店名─麺や 樽座 子安町店(たるざ)
●住所─東京都八王子市子安町1-3-14
●電話番号─042-645-5989
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩3分
●営業時間─【月~金】11:30~14:30/17:30~24:00/【土・日・祝日】11:00~24:00
●定休日─無休

Sponsored Links

2:青葉 八王子店・・・中野の名店ここに参上!優しさを全面に押し出した醤油味

安定感抜群の一杯。青葉という文字を見ると、ふとこの味が恋しくなるのはなぜだろう……?
それは、食べている瞬間優しさを感じながら味わえるからかも知れない。しっかりと煮干し出汁が利いたスープは、胃袋と心を包み込んでくれる。スープを一杯すすると、「あぁ~~~」という声とともに幸せな気持ちが口から飛び出しそう。種類は少ないけれど、ひとつのものを極めている感じがあってとってもいい。青葉っていう共通言語になっているのもいいですね。
悩むのはつけ麺にしようか、中華そばにしようか。いつも券売機の前で悩むんだよなぁ……。直感で選べるようにしたい。

【店舗情報】
●店名─青葉 八王子店
●住所─東京都八王子市南新町15-1
●電話番号─0426-26-3225
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩13分
●営業時間─11:00~22:00
●定休日─無休
青葉

3:らーめん れんげ・・・鶏と塩!テッパンの組み合わせを極めると凄い

有名ラーメンブロガーも絶賛した濃厚な鶏白湯。鶏の出汁がたっぷり封じ込められたスープは、一回掬うだけで濃厚だということがわかる最高の一杯。もちろん口に入れたら、幸せな鶏の味が口全体に広がるから嬉しい。美味しいご飯を食べて幸せを感じると人生幸せに成れるようか気がします。ランチで食べるなら幸せな気持ちを抱えながら仕事に向かえるし、夜ならば、就寝時までずっと幸せ。こんなにも美味しいラーメンを食べさせてもらって店主には感謝しかない。お金払ってるからいいだろう!という考えは、男性にはない。マナーよくいただかせてもらうのがいい。

【店舗情報】
●店名─らーめん れんげ
●住所─東京都八王子市子安町3-7-13 中西ビル1階
●電話番号─042-621-1235
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩5分
●営業時間─【ランチ】11:00~14:30【ディナー】18:00~22:00(水曜はランチのみ)
●定休日─木曜

Sponsored Links

4:あさひ軒・・・地元を冠するラーメンを継承する店

八王子ラーメンというご当地ラーメンを食べることができるお店。八王子ラーメンは、濃厚な醤油ベースのどちらかというとスープが濃い色をしているラーメンで、適度に脂が浮いており、極めつけは刻み玉ねぎ。シャリシャリとした食感と麺の食感が絶妙にマッチし、幸せなハーモニーを醸し出す。無意識のうちに食べている人も多そうだけれど、トッピングはやっぱり玉ねぎだよね。白髪ネギも美味しいけれど、より甘さを感じさせてくれる玉ねぎの方が好きという人も。
地元の人なら当たり前なものも、遠くから来た人にはそうじゃないことってよくありますよね。もしわざわざ八王子まで足を運んだら、ご当地ラーメンを楽しむというのも絶対にいいですね。

【店舗情報】
●店名─あさひ軒
●住所─東京都日野市旭が丘6-5-1
●電話番号─042-584-7333
●アクセス─JR八高線北八王子駅より徒歩15分
●営業時間─11:00~21:00
●定休日─月曜

5:弘富・・・今日は残業なんてしてられない!早く終わらせて食べに行こう

八王子で働いている人や生活圏を八王子近辺にしている人なら比較的足を運びやすいかもしれない。しかし、遠くから行く場合だとちょっと大変な一面も。その理由としては、19時半という早い時間にお店が閉まるから。サラリーマンと一緒で残業はあんまりしたくない……かどうかは不明だけれど、仕事帰りに弘富の絶品醤油ラーメンを食べに行くなら悠長に残業してられない。あとは、ワンチャン休みの日に足を運ぶくらいか……。
ここで食べさせてくれるラーメンは、醤油ベースのいわゆる八王子ラーメン。一度食べたらファンになれる最高の一杯!

【店舗情報】
●店名─弘富
●住所─東京都八王子市明神町3-11-1
●電話番号─0426-45-5011
●アクセス─京王電鉄京王線京王八王子駅より徒歩5分
●営業時間─11:00~19:30
●定休日─日曜

6:味源・・・コクのあるスープは冷えきった心を温めてくれる!深夜に欲しくなる味

朝5時まで営業している北海道ラーメンのお店。白く濁った函館ラーメンは、クリーミーな味わいを楽しめるし、札幌の味噌はコクがたっぷり。辛いものが好きなら、みそオロチョンか鉄火麺。北海道ならでは?!かどうかは置いといて、海の幸、海老の風味が豊かな一杯。選択肢が多く、どれにしようか迷ってしまうレベル。飲んだあとに締めの一杯として活用もできるはず。今晩こいつを食べて、明日からの戦いにしっかり備えてやろう。北からの刺客は、僕の心を豊かにするいいやつだった……。

【店舗情報】
●店名─北海道ラーメン味源
●住所─東京都八王子市三崎町5-12
●電話番号─042-627-9043
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩5分
●営業時間─11:00~翌5:00
●定休日─無休

7:煮干鰮らーめん 圓・・・食べログで4点以上を獲得する煮干しの巨星

ちょっとしたこだわりが味を更に高める。それはもちろん当たり前なこと。常にスープを炊き出しながらガンガン味を深いものにし、煮干しの出汁がたっぷり入ったラーメンは、薄味ながらもボディのしっかり利いた一杯を演出。あっさりした麺に絶妙にマッチする細麺は、多くのスープと絡み合い、幸せを演出してくれる一杯なのです。トッピングされている具材も絶妙なアクセントを演出し、麺を食べた後に煮玉子やチャーシューを食べると美味しさが広がっていく。こんなに美味しい味を食べさせてくれるラーメンは他には少ないんじゃないかと思ってしまう。みんなの評価が高いのにも納得。並んででも一度は食べておきたい店で、食べた後もまたいつか食べたくなる。

【店舗情報】
●店名─煮干鰮らーめん 圓(エン)
●住所─東京都八王子市横山町21-21
●電話番号─非公開
●アクセス─京王電鉄京王線京王八王子駅西口より徒歩4分/JR中央線八王子駅北口より徒歩5分
●営業時間─【ランチ】11:00~15:00【ディナー】17:00~23:30(ランチ・ディナーともスープが切れ次第終了)
●定休日─無休

8:麺処 あずき・・・丁寧な仕事の上に成り立つ味

どんなラーメンにも共通して言えることですが、丁寧な仕事の上に美味いものが出来上がる。プロとして当たり前なことだけれど、普段の自分の仕事に置き換えてみると果たしてどうだろうか……。いい仕事をしていると傍から見て言えるだろうか??
男性なら仕事もプライベートも本気で人生を満喫しているので、いい仕事をしているはず。ラーメンだけでなく他のことでも同じことがいえますね。人との仕事っぷり、その成果物から感じ取れるものは、味や美味しさだけではない。
基本があって、そこからちょっとしたエッセンスを加えるからより美味しくなるんだ。麺処あずきは、名前の通り隠し味に小豆を使っていて、八王子ラーメンにちょっとした応用を利かせたアオサを利用している一杯。丁寧な仕事だから伝わるものがある。

【店舗情報】
●店名─麺処あずき
●住所─東京都八王子市本町14-10 金子ビル102
●電話番号─080-2551-7562
●アクセス─JR中央線八王子駅北口より徒歩12分
●営業時間─【ランチ】11:00~15:00【ディナー】17:00~20:00(ディナーは土日のみ)
●定休日─月曜

9:味麺おがわ屋・・・仕込んだものは使いきってしまおうという姿勢がいい

平日と土曜日18時まで営業で、麺がなくなったら終了という、美味しいものは使いきってしまおうという姿勢がとても好感持てるスタンス。一杯650円と他の店に比べたらちょっぴり安いので、ちょっとした仕事の姿勢が企業努力につながっているのなら見習うべきポイント。ラーメンの系統は刻み玉ねぎが特徴的な八王子ラーメン。細い麺と濃厚な醤油、そして玉ねぎの三位一体が幸せを演出する。食べ終わった後、また近いうち食べたいと思わせてくれるのはとてもいい。
早い時間で終了してしまうので、遠方の人からしたらレア感を増すけれど、あらかじめ食べるということを決めたら絶対に手に入れられる。

【店舗情報】
●店名─おがわ屋(おがわや)
●住所─東京都八王子市大和田町5-27-11
●電話番号─0426-44-2781
●アクセス─京王電鉄京王線京王八王子駅より徒歩15分
●営業時間─11:00~18:00(麺がなくなり次第終了)
●定休日─日曜

10:竹の家・・・無性に食べたくなる一杯という評価は嬉しい褒め言葉

昔ながらの醤油ラーメンを食べさせてくれるお店。日本人という民族は、醤油とともに発展してきたということもあってか、しっかりと出汁の利いた醤油ラーメンは定期的に食べたくなる一杯。確かに、塩や味噌も悪くはないけれど年間を通してカウントしてみると醤油の方が多くなるんじゃないか?!
好みを聞くのではなく、実際に行動し達成しているのをカウントすると本当の好みがわかる。あなたはどんな系統のラーメンを食べていますか?
ちなみに、この竹の家さん。創業して60年経つ老舗。確かに色々なラーメンの系統が出て話題にもなりますが、60年続いている伝統の味のほうが重みを感じさせてくれそう。

【店舗情報】
●店名─竹の家(たけのや)
●住所─東京都八王子市中町4-2
●電話番号─0426-42-5450
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩3分
●営業時間─10:00~19:30
●定休日─水曜・第3木曜

11:ちとせラーメン・・・黒いスープの中に浮かぶ真珠

八王子ラーメンの流れをくむ、真っ黒なスープが特徴のラーメン。いわゆる「八王子ブラック」というヤツ。名前だけ聞くとかっこいいし、やんちゃしそうな感じが楽しさを醸しだしてくれる。八王子ラーメンの代名詞とも言える玉ねぎは、黒いスープの上に浮かんでいるため、コントラストが強くより輝きを増している様子。まるで、真珠のような高貴な一面も印象受ける。一口食べてみると、どぎついのかと思ったら裏腹に、優しい味わいとちょっとした香ばしさ。見た目と中身のギャップは普段からでも使えそうだ。
定期的に食べたくなる一杯として認定して間違いない。

【店舗情報】
●店名─ちとせ
●住所─東京都八王子市南新町8
●電話番号─042-625-0518
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩12分
●営業時間─11:00~20:00
●定休日─土曜

12:大進亭・・・専門店じゃなくても美味いものは食える!中華料理店は穴場

ラーメンを食べようと思ったら専門店に足を運びがちだけれど、中華料理店も実際に美味いところばかり。ラーメン店と何が一番違うかって、そりゃメニューの豊富さでしょう。ラーメンという名前つくメニューでこれを超えるラインナップは中々ない。まぁ、ベースは一緒で具材が七変化というものなので、上に乗っかっているもので何が食べたいかが重要になってくる。でも、考えてもみたいのは、ラーメンというものの性質上、野菜がやっぱり足りないように感じる。それを一品、別のものでしっかり補えれば大丈夫。ラーメン+野菜炒めのコンボができるのは、中華料理店がベスト。タンメンみたいにトッピングとしてやってもらうのもいいし、別皿で用意してもらうのもいい。二人で足を運んだのなら、何品かを分け合うのも中華の醍醐味!

【店舗情報】
●店名─大進亭(ダイシンテイ)
●住所─東京都八王子市大楽寺町184
●電話番号─0426-51-9927
●アクセス─JR中央線西八王子駅より徒歩45分/車8分
●営業時間─11:00~21:00
●定休日─無休

13:壱発ラーメン 八王子本店・・・20年以上続く実力派!まさかあんなものが入っているなんて……

深夜2時まで営業している八王子の実力派ラーメン店。ラーメン大戦争という世の中に入って行く前から地元民に愛され続けているのは理由があるから。きっと丁寧な仕事をし、美味いラーメンを提供し続けているからなんだろう。ちょっぴりピンクがかったチャーシューは柔らかく幸せを感じる一枚。それだけでなく、ネギトロラーメンがイチオシで、まさかとろろが入っているなんてビックリ。ご飯にとろろはわかるけれど、ラーメンにとろろ。ちょっぴり意外だけれど、食べてみるとこれまた美味い。他では中々味わえない要素ってとっても大事ですね。そんな大人になりたい。

【店舗情報】
●店名─壱発ラーメン 八王子本店(いっぱつ・らーめん)
●住所─東京都八王子市万町19-1
●電話番号─042-626-9948
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩6分
●営業時間─11:00~26:00
●定休日─無休
壱発ラーメン

14:藍華・・・極太麺のエッセンスを取り込んだ新鋭

八王子ラーメンの多くは、細麺でシャキっとしたキレの良い麺を楽しませてくれる。しかし、藍華では、極太麺を採用しガツンとくる一杯を演出。量を沢山食べたい時。食べ終わった時の満足感を得たいと思う人こそ行って欲しい。つけ麺の大盛りなんか、どんぶりに並々盛られた麺を見て、これを食べきるのにウキウキできる。幸せと満足感を感じながら食事ができるっていいですよね。濃厚なつけダレを堪能しながら麺の食感をも楽しんでください。もちろん、つけ麺だけでなくラーメンも美味いので合わせて味わってみてくださいね。

【店舗情報】
●店名─藍華(あいか)
●住所─東京都八王子市元横山町2-22-3
●電話番号─0426-21-0158
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩12分
●営業時間─【ランチ】11:00~15:00【ディナー】18:00~22:00
●定休日─不定休

15:めんや蔵・・・小麦の香りと食感はパラダイス

札幌の有名製麺所「西山製麺」を採用した小麦の香りと食感を楽しめるラーメン店。札幌の濃厚味噌をここで味わえるなんてまさに最高。札幌ラーメンは味噌。そして、麺は西山製麺。この黄金コンビはラーメンの美味さを引き上げてくれるからいい。トッピングされている具材もチャーシューから野菜からとボリューム満点なので、ジャンク系なのにバランスもとれているという不思議な感じです。むしろ、ありがたいと言ったほうがいいか。札幌という寒冷地の寒さを乗り切る工夫をラーメンに取り込み、リアルな寒さではなく心を温めてくれる一杯は貴重な存在。

【店舗情報】
●店名─めんや蔵(めんやくら)
●住所─東京都八王子市打越町1195-5
●電話番号─0426-36-3413
●アクセス─京王電鉄京王線北野駅より徒歩2分
●営業時間─【ランチ】11:30~14:00(土・日・祝日は15:00まで営業)【ディナー】18:00~21:30(火曜はディナーはお休み
●定休日─木曜

16:楓・・・ガツン系の中に見える優しさ。口の中に入れた途端幸せが広がる

チャーシューが2種類で、ねぎや煮玉子など幸せな味を楽しませてくれる具材たち。スープや麺がしっかりした土台だからこそ花が咲いたような感覚を持たせてくれる。味わってほしいものはいくつかあるけれど、中でもおすすめしたいのが限定麺。期間限定はその季節にしか味わえないもので、周りの状況を加味した味わいなので普段以上に美味しく感じる。
店員さんの元気さを受け、自分自身も大きく楽しくご飯を楽しめるのです。見習うべきところ、本当に多いなぁ。

【店舗情報】
●店名─楓(かえで)
●住所─東京都八王子市大和田町5-10-1
●電話番号─0426-46-6068
●アクセス─京王電鉄京王線京王八王子駅より徒歩13分
●営業時間─11:00~24:00
●定休日─日曜

17:哲麺・・・一杯500円は庶民のオアシス!替え玉も安いからバンバン頼めそう

九州のとんこつラーメンをはじめとするシステムで、一杯あたりは安く、満足行くまで替え玉を追加できる。デフォルトのラーメンが一杯500円というワンコインで食べれてしまうのはとてもありがたく、替え玉も50円という素晴らしさ。替え玉を大盛りと仮定するなら、50円で大盛りにできるお店はそれほど多くはない。つけ麺などのお店なら、麺の量を選べるというのはあるけれど、通常のラーメンではあんまりない。麺の硬さは好みが分かれるところで、硬めを選ぶ人の方が多いのか。伝説の粉落としまであるので、あのねっとりと粉っぽさが残るあの感覚を味わってください。とんこつの甘さを十分に感じさせてくれるので、定期的に通いたい。しかし、締めの一杯のラーメンはなんでこんなに美味しいと感じるんだろうか。

【店舗情報】
●店名─哲麺(てつめん)
●住所─東京都八王子市中町2-19
●電話番号─042-642-3318
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩4分
●営業時間─11:00~24:30
●定休日─無休

18:タンタン・・・ひたすら肉を味わえる特製チャーシュー麺は神!

ラーメンがやってきた時、一番最初に目に行くのって何でしょうか?
口にするのは、スープか麺だと思いますが、目に行くのはチャーシューなどの肉類。やっぱり肉に対する信仰はとっても厚く、1、2乗ってるより、ガツンとくるものが乗っていたり、チャーシューが敷き詰められていたりすると小躍りしそうになります。ちなみに、タンタンの特製チャーシュー麺は、肉がたっぷり敷き詰められているので、幸せを感じる。一口目を肉にしても十分楽しめる分は残ってる。ただひとつ残念なのが、営業時間。平日の昼間しかやっていないみたいなので、八王子在住の人が羨ましいと思える。平日に休みをとってでも足を運ぶしかない。

【店舗情報】
●店名─タンタン
●住所─東京都八王子市子安町1-30-6
●電話番号─非公開
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩5分
●営業時間─11:00~14:30
●定休日─土曜・日曜・祝日

19:小川流・・・座敷で食うラーメンほど乙なものはない

心が裸になった状態でご飯を味わうことができれば、美味さも磨きがかかるってもんだ。多くの店はテーブルだけれども、小川流は座敷で食うから心も素直になれる。靴を脱いで座敷に上がることで、心の兜も脱いで味わうのと一緒。普段とは変わらないはずだけれど、何故か美味く感じるんだよね。きっとこれは、家で食べるように遠慮がいらないと無意識的に判断しているのだろうか。
サービス精神も満載で、大盛りまで量を選ぶことができる。たくさん食べたい男子にとって週一で通ってもいいくらい。大盛りを食べきった後の幸福感、とってもいいですね。

【店舗情報】
●店名─小川流 八王子みなみ野店
●住所─東京都八王子市片倉町1919-7
●電話番号─042-638-0709
●アクセス─JR横浜線八王子みなみ野駅より徒歩8分
●営業時間─11:30~23:30(平日は15:00から18:00まで準備閉店)
●定休日─無休
小川流

20:みんみんラーメン・・・何回食べても飽きないラーメンこそ王道

国民食といっても過言ではないラーメン。これほどまで愛されているメニューは多くはない。その中でも何回でも食べたくなる味やコストパフォーマンスは、重要なファクターで見逃せない要素。毎日食べるとなると、1回あたりにかける金額が高くなると食費がドンと跳ね上がってしまう。気にしない人もいるかもしれませんが、色々なことにお金も時間も費やしたいと思っている男子にとって、一杯千円近くするラーメンは死活問題になりかねない。もちろん、たまに食べるならいいんです。でも頻繁にとなると……。
それを考えると、みんみんの一杯500円を切るラーメンは神であって王道をゆく。

【店舗情報】
●店名─みんみんラーメン 本店
●住所─東京都八王子市楢原町437-1
●電話番号─0426-24-2774
●アクセス─JR中央線西八王子駅より徒歩30分/車6分
●営業時間─【ランチ】11:00~16:00【ディナー】17:00~20:15
●定休日─月曜

21:あじりんらーめん・・・水にこだわりを持つ!スープも水から

RO水という逆浸透膜法という手法で不純物などを除去した水を使用した、水に対してのこだわりをとても持っているお店。スープだけでなく飲み水も味わえるので、健康に気を使っている方にアンテナが立ちやすいかも。水の中の不純物を取り除くことで、純粋な水に変わる。それに出汁や味をつけるから純粋な味が楽しめるというもの。安全に対して配慮している分、提供されるものも安全だから安心して食べることができる。昔ながらの味わいを楽しむ八王子ラーメンだから、科学の技術で進歩させた味とは違う純粋な味を楽しみたい。

【店舗情報】
●店名─あじりんらーめん
●住所─東京都八王子市北野町524-23
●電話番号─042-649-3339
●アクセス─京王電鉄京王線北野駅より徒歩8分
●営業時間─11:00~24:00(平日は16:00から17:00まで準備閉店)
●定休日─火曜

22:びんびん・・・肩ロースのチャーシューがガツンと敷かれた一杯

チャーシュー麺はとてもオススメで、デカくて厚いチャーシューが4枚も乗せられている満足いく一杯。基本は玉ねぎを使用した八王子ラーメンだけれど、その他具材やちょっとした風味でアレンジを。どうやったらおいしくなるかを突き詰めて努力しているのはとても共感を持てる。お店のサービス心も共感できることがあって、つけ麺に関して、数量限定ではあるものの特大サイズまで変わらぬお値段でいただくことができるのがとても有り難い。こんなにも素晴らしい一杯をありがとう。

【店舗情報】
●店名─びんびん(元祖敏々亭 びんびん)
●住所─東京都八王子市子安町1-8-17
●電話番号─070-6990-7222
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩4分
●営業時間─11:00~24:00
●定休日─無休

23:十八製麺・・・麺は独自で美味さを追求する心意気

自家製麺のお店は、製麺所の麺と比べて独自の美味しさを追求するからその店によって特徴が現れる。食感や喉越し、太さなど。もちろん素材も。どんな小麦を使うかで味の進化は止まらない。だからこそ完成された一杯は、芸術の域に達するはず。こんなにも美味いラーメンを仕上げてくれて感謝の言葉しかない。さて、十八製麺の中で夏の時期に食べておきたいのは、「冷やおろし」。冷たいけれど優しい味と食べた後の温かみを感じさせてくれる一杯は、洗練された味といってもいい。

【店舗情報】
●店名─十八製麺(ジュッパチセイメン)
●住所─東京都八王子市高倉町54-1
●電話番号─042-643-1116
●アクセス─JR八高線北八王子駅より徒歩8分
●営業時間─11:30~21:00(平日は14:30から17:00まで準備閉店)
●定休日─無休

24:えびす丸・・・見た目とは裏腹!しっかり芯の通った味

スープをすくってみるとちょっぴり薄く感じるけれど、口に入れてみるとそうでもない。ちゃんと芯の通った味が楽しめるから凄い驚き。スープとともに刻まれた玉ねぎを一緒に口に含むと玉ねぎの甘味が追加されるから変化に富んだ味を楽しむことができる。脂の甘味と玉ねぎの甘味。そしてチャーシューと麺の味。これらを美味くコンビネーションさせて究極の味を演出しよう。
八王子までラーメンデートを行い、お互いの笑顔を堪能しながら味わえたら最高にいいね。

【店舗情報】
●店名─えびす丸(えびすまる)
●住所─東京都八王子市片倉町2348
●電話番号─0426-37-2556
●アクセス─JR横浜線片倉駅より徒歩2分
●営業時間─11:30~16:00
●定休日─日曜

25:吾衛門・・・せっかく食べるんだったら有名店に限る

頻繁に食べるなら色々なところに出向くことができるけれど、たまにしか来ないなら狙ったところでラーメンを堪能するのが一番。ミーハー気分は置いといて有名店を選ぶのが基本。多くの人がプラスの評価を出しているならば、それに乗っかってみるのがいい。自分しか知らない店を見つけることは大事かもしれないけれど、守破離の精神を守るのも大事。
さて、吾衛門は八王子ラーメンの流れを汲む店。その中でも、トップクラスの実力と丁寧さを兼ね備えた一杯を出してくれる。食べた途端伝わってくる味が、心と身体に染みわたる最高の一杯かな。

【店舗情報】
●店名─吾衛門(ごえもん)
●住所─東京都八王子市千人町3-3-3
●電話番号─042-663-6861
●アクセス─JR中央線西八王子駅北口より徒歩5分
●営業時間─11:00~17:00
●定休日─日曜・祝日

26:ラーメンエース・・・ここにもあった!二郎インスパイア系の極み

どこに行っても味わうことのできる二郎インスパイア系。八王子ラーメンを上品とするならば、二郎系は下品とはいわないけれど、ガッツク必要がある。ボリューム満点の麺と野菜は、自分の技量という胃袋を測るのに最適。通常のラーメンだけでなく、汁なしのラーメンもあって、その時の気分に絶妙なものを食べたい。面白いのが、トッピング。納豆キムチなど通常のラーメン店では中々見ることのできないものが味わえるのが本当に素晴らしい。駅からは遠いのでドライブデートのついでに寄る必要があるかもしれないけれど、先に情報を知っておけば、ふとした瞬間に思い出せる。

【店舗情報】
●店名─ラーメンエース 八王子店
●住所─東京都八王子市中野町2686-11
●電話番号─非公開
●アクセス─JR中央線西八王子駅より徒歩35分/車7分
●営業時間─11:30~22:00(平日は14:30から18:00まで準備閉店)
●定休日─日曜

27:分田上・・・熊本ラーメンの人気店で修行した力を存分に発揮

八王子なのに、熊本ラーメンを食べる。このアンバランスさがたまんない。ご当地ラーメンにちゃんと敬意を払いつつ、旨いものを楽しませてくれる。丁寧な接客にはより期待を膨らませてくれる。とんこつの濃厚なスープに、麺を泳がせ絶妙に絡ませてからパクリといく。トッピングの中で試して欲しいのはチーズ。このチーズを美味く溶かし、麺に絡ませながら味に変化を持たせる。どんなに旨いものでも同じことが繰り返し起きてしまっては飽きてくる。最後まで持たせるためにはそういった工夫も必要。この考え方はどこにでも応用でき、気づかせてくれたお店には感謝。

【店舗情報】
●店名─分田上(わけたがみ)
●住所─東京都八王子市下柚木321-1
●電話番号─0426-74-7460
●アクセス─京王電鉄相模原線南大沢駅より徒歩20分/車4分
●営業時間─11:00~17:00
●定休日─第2、4月曜・火曜

28:ら~めん 熊八・・・非公認の意地?!公認をも凌駕する一杯

八王子ラーメンの公認にしてあげてもいいくらい美味いラーメン。これは、団体の意向なのかお店側の意向なのかわからないけれど、食べる僕らにとってもそんなのどうだっていい。美味いラーメンが食べられるだけで、ラーメン通にとってはありがたいこと。通常の八王子ラーメンをさらに進化させたような味わいはとてもバラエティに富んだ味わいが楽しめる。もちろん玉ねぎの甘味やチャーシューの美味さ、スープの絶妙加減が心に強く突き刺さる。最強な味がたくさんある熊八のラーメンを定期的に応援してあげたい。

【店舗情報】
●店名─ら~めん 熊八
●住所─東京都八王子市散田町3-18-4 青木ビル1階
●電話番号─非公開
●アクセス─JR中央線西八王子駅より徒歩3分
●営業時間─【月~土】11:00~22:00【日】11:00~24:30
●定休日─無休

29:ラーメン二郎 八王子野猿街道店・・・二郎で感じるエクスタシー!それは量かにんにくか

八王子にもジロリアンがこよなく愛する店があるんです。八王子駅からはちょっぴり離れているけれど(というより駅が違うけれど)わざわざ通いたくなるレベルの味。ガツンと盛られた野菜や麺は二郎だから楽しめる。確かにインスパイア系も美味しいところ多いけれど、やっぱり二郎に行きたい。女性でもチャレンジできるように量を調節し、事前に説明してあげるとちょうどいいかな。デートで二郎なんてまたいいじゃないですか。並ぶ時間もデートのうちですね。

【店舗情報】
●店名─ラーメン二郎 八王子野猿街道店
●住所─東京都八王子市堀之内2-13-16
●電話番号─042-675-6806
●アクセス─京王堀之内駅より徒歩10分
●営業時間─【火~金】11:00~14:30/17:00~22:30【土曜日】11:00~15:00/16:30~22:30【日曜日】11:00~17:00
(夜間は麺がなくなり次第終了)
●定休日─月曜日

30:南京ラーメン総本家 星の家・・・路地裏にある隠れた名店で食す一杯

車を使って行くと比較的いい。駅からでも歩いて行くことはできるが、20分もかかってしまう。西の方にドライブで行った帰りにふらっと寄る……いや、帰りじゃ遅い!行きのタイミングで食べてしまうのがいいだろう。というのも夕方17時までしか開いていないので、帰りがけだとチャンスを逃してしまうかも。30年以上前の雑誌にも取り上げられたことのある実力派。長年愛されているということだけで期待が膨らむ。

【店舗情報】
●店名─星の家(ほしのや)
●住所─東京都八王子市中野上町1-5-12
●電話番号─0426-22-2511
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩20分/車4分
●営業時間─11:00~17:00
●定休日─月曜

31:海友・・・安心した素材を中心に使ってるから身体が喜ぶ

素材本来の味、そして化学調味料を不使用にするというこだわりがあるから美味しい一杯が出来上がる。確かに、化学調味料を使うと様々な味がいきなり出るのでプラスに働くこともあるけれど、身体のことを考えるならやっぱり使用しないに越したことない。
麺やスープなど安心できる味わいを大いに堪能したい。嬉しいのは夜遅くまでやっているということ。逆に昼間はやっていないけれど、深夜1時までやってるのが終電で帰ってきたサラリーマン戦士の心を癒やしてくれるというもの。一日の終わりにやすらぎの一杯を堪能するならココが一番。

【店舗情報】
●店名─海友(かいゆう)
●住所─東京都八王子市千人町1-11-7
●電話番号─0426-61-2272
●アクセス─JR中央線西八王子駅より徒歩4分
●営業時間─18:00~25:00
●定休日─月曜

32:ラーメン 八王子田田・・・やっぱりこの盛り方が最高!二郎インスパイア系の技

山のように盛られた……ようにというより山ですが、野菜のボリュームはとても素晴らしく目のあたりにするとドキドキ・ワクワクする。この山を本当に制覇できるのか。いきなりエベレストを登るのは無謀で肩慣らしに低い山から登ってみるといい。増し増しなんかは過程がクリア出来てからチャレンジすると事故をおこすことないかも。エネルギーは食事から摂るのなら、ガッツリといっぱい食べて明日からの戦いに備えよう。

【店舗情報】
●店名─田田
●住所─東京都八王子市東町1-3 1階
●電話番号─042-646-4646
●アクセス─京王電鉄京王線京王八王子駅より徒歩3分
●営業時間─11:00~26:00
●定休日─無休

33:一麺・・・オールドスタイルのラーメン。ぶれない心が凄い!ふと深夜に思い出したら駆け込もう

八王子ラーメンも様々な派生が生まれているけれど、やはり原点に戻ると美味さを感じることも。醤油の香ばしさ、玉ねぎの甘味、そして適度にうっすら浮いている綺麗な脂たち。様々な味が複合的に絡み合い、絶妙な一杯を演出してくれるからいいんです。色々なところに行きすぎて自分を見失っているなって思ったら、原点に戻るのもとっても大事。深夜3時までやっているので、ふと寝付けない時に幸せな一杯を追い求めにここまでこよう。

【店舗情報】
●店名─一麺(いちめん)
●住所─東京都八王子市三崎町5-13
●電話番号─0426-21-7188
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩5分
●営業時間─21:00~翌3:00(金・土は翌3:30まで営業)
●定休日─日曜

34:らあめん大安・・・コスパに優れた一杯は幸せを運ぶ

ラーメンは素材にこだわったお店が多くなったため、一杯当たりの金額が上がっている感じ。しかし、安くて美味いところはまだまだたくさんある。ここ「らあめん大安」も絶妙な一杯を味わうことのできる貴重なお店。嬉しいのは、駅から徒歩2分という立地でしょうか。ふらっと遠くから来ても、さほど歩くことなくお目当てのものが手にはいる。交通費を考慮してもさほど高くならないのはいい。行って満足、食べて満足できる店はとても貴重です。もう、毎日大安でもいいんじゃないか?!

【店舗情報】
●店名─らあめん大安
●住所─東京都八王子市子安町1-11-10 エリートビル1階
●電話番号─042-644-5529
●アクセス─JR中央線八王子駅南口より徒歩2分
●営業時間─【ランチ】11:00~15:00【ディナー】17:00~22:00
●定休日─日曜・祝日

35:ほっこり中華そば もつけ・・・限定に騙されていいんです!貴重な機会を必ずゲット

所見の店でいきなり限定麺から頼むかとても迷いますよね。しかし、迷わず限定麺でいいんです。通常のラーメンは、そのお店があるかぎり食べることはできるけれど、期間限定や季節限定、月替りといったその瞬間にしか食べられないものは、優先的に食べるべき。その中からでも感じる要素はたくさんある。基本がしっかりしているから、応用の限定麺もかなり美味い。
食べログでも評価の高い実力派の一杯を堪能してください。一人で食べに行くより、複数人で食べに行き交換し合いながら食べれば、簡単に制覇できそう。

【店舗情報】
●店名─ほっこり中華そば もつけ
●住所─東京都八王子市万町34-1
●電話番号─非公開
●アクセス─JR中央線八王子駅より徒歩8分
●営業時間─【月~金】11:30~14:30/17:30~21:00【土・日】11:30~21:00(スープが切れ次第終了)
●定休日─火曜

まとめ─八王子のラーメンは、古き時代からの贈り物

八王子周辺のラーメン店は美味い店ばかり。
八王子ラーメンというブランドがあるため、その期待を得るために足を運ぶのもいいでしょう。ご当地ラーメンバンザイです。基本的な要素がわかったのなら、派生したりアレンジされたご当地ラーメンを食せばいいのです。八王子市内はとても広く、お店によっては車が必要なところも。美味い一杯を楽しむため、事前に下調べをしっかりし狙った獲物は逃さないスタンスを崩さず食べてください。
これほど美味い一杯を楽しめるなんて八王子最高です。将来的に拠点を八王子にしてもいいんじゃないかって思う。

-グルメ
-, ,

執筆者:

関連記事

何度でも訪れたい代々木カフェ究極19選|2017年イチ押しのお店を厳選!

何度でも訪れたい代々木カフェ究極19選|2017年イチ押しのお店を厳選!

Contents2017年最新!代々木のカフェ事情。おしゃれな空間から昭和の良さまで1:アドハビット・・・食器までこだわる繊細の目。居心地がいいわけだ。2:トンガコーヒー【wifi完備】・・・世界各地 …

【宇都宮のカフェ大特集】わざわざドライブしてでも行きたい最高の名店19選

【宇都宮のカフェ大特集】わざわざドライブしてでも行きたい最高の名店19選

Contents1:8010-パレット-(東武宇都宮駅)甘いものが好きな人はパラダイス2:ジャストカフェ(宇都宮駅)これを食べに早い時間に宇都宮に行きたくなる3:タフドア(東武宇都宮駅)素敵な空間は一 …

【埼玉のグルメ大特集】ランチtimeも充実な名物料理を味わえる18店【大宮・浦和ほか】

【埼玉のグルメ大特集】ランチtimeも充実な名物料理を味わえる18店【大宮・浦和ほか】

Contents1:小江戸川越 いも膳【川越】・・・ありふれた素材でもプロの手が入ると畏敬の念を抱かざるを得ない2:オット【所沢】・・・季節を感じるイタリアン。時間の流れを味わって楽しむ3:慈げん【熊 …

渋谷で勉強できるカフェはココだ│落ち着けるおススメ店5選!

渋谷で勉強できるカフェはココだ│落ち着けるおススメ店5選!

Contents【勉強がサクサク捗る渋谷のカフェ5選】1.音楽も楽しみながらゆったりとした空間・・・「TOWER RECORDS CAFE」2.カフェには珍しい!食事の持ち込みができるカフェバー・・・ …

【品川の美味しすぎるラーメン特集2017完全版】昼も深夜も食べたい絶品をご案内。

【品川の美味しすぎるラーメン特集2017完全版】昼も深夜も食べたい絶品をご案内。

Contents品川でラーメンを満喫するなら「品達品川」1:TETSU 品川店・・・素材の命がスープに凝縮!センス光る一杯2:せたが屋 品川店・・・ゆったりと過ごすテーブルで自分たちの世界へ飛び込め3 …