おでかけ・旅行

吉祥寺の本気おすすめ観光スポット|自然と文化が入り交じる名所ばかり

投稿日:

吉祥寺の本気おすすめ観光スポット|自然と文化が入り交じる名所ばかり

吉祥寺といったら何を思い浮かべますか?
井の頭恩賜公園や三鷹の森ジブリ美術館など、昔からあるものや最近出来たものまで様々です。吉祥寺と言えば、住みたい街ランキングとしてここ数年1位や2位になっている地域です。そんな吉祥寺の魅力を追った観光スポットをまとめました。

Sponsored Links

1:井の頭恩賜公園

吉祥寺の人気スポットといえば、井の頭公園。
終日は、カップルや家族連れが沢山いて、自然を満喫しています。ボート遊びできる池や動物園などもあり1日中いても思う存分遊べます。

喧騒とした時間を忘れ、ゆったりさせてくれます。一人で行ったとしても楽しいと言える場所でしょう。
井の頭公園へ行くと、多くの方がこの近辺に住みたいと思えるようになってくる観光スポットです。

【施設情報】
●アクセス:JR吉祥寺駅・京王吉祥寺駅公園口より徒歩10分
●住所:東京都三鷹市下連雀1-1
●電話番号:0422-47-6900(井の頭恩賜公園案内所)
井の頭恩賜公園

2:井の頭自然文化園

井の頭恩賜公園内にあります。動物園と水生物園に分かれており、ペンギンやカピバラといった人気動物がいます。
モルモットを抱きかかえられるふれあいコーナーやニホンリスを間近で見れるリスの小径といった人気スポットもあり、普段では体験できないようなことが楽しめます。

また、敷地内では平和祈念像で有名な北村西望の作品200点以上と長崎の平和祈念像を製作した「アトリエ館」や「彫刻館」もご覧になれます。

【施設情報】
●アクセス:JR吉祥寺駅・京王吉祥寺駅公園口より徒歩10分
●住所:東京都武蔵野市御殿山1-17-6
●営業時間:9:30~17:00
●定休日:月曜日
●電話番号:0422-46-1100
●入園料:一般400円、シルバー(65歳以上)200円、中学生150円(小学生以下、都内在住・在学の中学生無料)
※中学生は生徒手帳持参で無料です。
※団体割引きあり
●休園日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)、年末年始(12月29日から1月1日)
●無料公開日:みどりの日(5月4日)/開園記念日(5月17日)/都民の日(10月1日)
井の頭自然文化園

Sponsored Links

3:井の頭池

井の頭恩賜公園の中にある一つの有名観光スポット、井の頭池。
井の頭恩賜公園開園100週年に向けて、2014年に水抜き「かいぼり」が行われ、水質が綺麗になったため、本来の生態系が戻りつつあります。ここ近年では見ることができなかったカイツブリやカワセミの姿を見せるようになりました。

今まで以上にボートに乗るのが楽しくなったのではないでしょうか。

【施設情報】
●アクセス:JR吉祥寺駅・京王吉祥寺駅公園口より徒歩10分
●住所:東京都三鷹市下連雀1-1
●営業時間:10:00~17:00頃(時期によって営業時間は異なります。)
●ボート料金:
ローボート60分700円(以降30分毎に300円追加)
サイクルボート30分600円(以降30分毎に600円追加)
スワンボート30分700円(以降30分毎に700円追加)
●電話番号:0422-42-3712
井の頭池

4:御殿山遺跡の碑

井の頭公園の中に記念碑として存在する、御殿山遺跡の碑。昭和37年に出土した竪穴住居跡や敷石住居跡、土器や石器類などを記念して、記念碑が作られました。

この辺りは、縄文時代に集落として栄えたといわれています。
こういった歴史的文化のわかるものを見ると、その時代に生きていた人たちの鼓動を想像できますね。

【施設情報】
●アクセス:JR吉祥寺駅・京王吉祥寺駅公園口より徒歩10分
御殿山遺跡の碑

Sponsored Links

5:三鷹の森ジブリ美術館

スタジオジブリ作品の世界をそのまま美術館にしたものです。美術館に入ると巨大なトトロ人形がお出迎えをし、屋上には巨神兵が佇み、幅広い世代に人気な観光スポットです。

チケットはローソンチケットで取り扱いしており、日時指定の予約制です。入れ替え制というわけではないので自分のペースでゆっくりと見れるのがいいですね。チケットは1ヶ月毎の販売で、毎月10日に翌月1ヶ月分が販売されます。

世界的に有名なアニメ作品の世界に没頭できる数少ない場所で、「となりのトトロ」や「天空の城ラピュタ」などジブリ作品を堪能してください。。

【施設情報】
●住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83
●アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅、京王井の頭線井の頭公園駅より徒歩約15分
●営業時間:10時~18時
※入場は指定時間より30分以内に入場してください。
●定休日:毎週 火曜日
●料金:大人・大学生 1,000円、 高校・中学生 700円、 小学生 400円、 幼児(4歳以上) 100円
●電話番号:0570-055-777
三鷹の森ジブリ美術館

6:武蔵野市立吉祥寺美術館

2002年2月に開館した武蔵野市立吉祥寺美術館は、日常生活と文化芸術を結びつける場所として賑わっています。収蔵されている作品は、野田九浦の日本画や油彩、版画、写真など2000点以上にも上ります。

常設展示だけでなく、企画展や講演会・ワークショップなども行われています。ゆったりとした時間を過ごすのもいいですね。

【施設情報】
●アクセス: JR、京王井の頭線吉祥寺駅中央口(北口)から徒歩約3分
●住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−8−16
●営業時間:10:00~19:30
●休館日: 水曜日、年末年始、展示替期間
●電話番号: 0422-22-0385
●料金: 大人・大学生・高校生・中学生 100円小学生以下・65歳以上・障害者 無料
武蔵野市立吉祥寺美術館

7:武蔵野八幡宮

誉田別尊、比賣大神、大帯比賣命が祀られている神社。吉祥寺から徒歩10分でたどり着くことができます。
桓武天皇の時代(789年)に、坂上田村麿が宇左八幡大社の御分霊を祀ったと伝えられており、元々は水道橋近辺に創建されました。徳川四大将軍家綱の頃、明歴の大火に見舞われ、周辺住人が吉祥寺村を開村するにあたり、移住したというのが今、この地に存在している歴史です。

【施設情報】
●アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅 徒歩10分
●住所:東京都 武蔵野市吉祥寺東町1-1-23
●電話番号:0422-22-5327
武蔵野八幡宮

8:井の頭弁財天

天慶年間(938-946)に源経基が、弁財天女像をこの地に安置したのが始まりです。その後源頼朝が東国の安定を祈願してお堂をたてたのが始まりとされています。

家康の時代に入って、上水道の整備を行う上で選ばれたのがこの井の頭池の水源で、家康自身も何度か訪れているのです。家康が使用していた茶臼を見ることができます。
井の頭弁財天は、家光の時代に消失した弁財天をここ地に再建し、今にいたるまで多くの方から参拝される守り神として存在しています。

古くから存在する歴史的建造物を見に行くのもいいですね。

【施設情報】
●アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より徒歩5分
●住所:東京都三鷹市井の頭4-1
●電話番号:0422-48-4484
井の頭弁財天

9:吉祥寺オデヲン

吉祥寺駅より徒歩1分の位置に存在する映画館。東亜興行が1954年9月に吉祥寺オデヲン座として開館したことから始まります。

今は全席指定になってしまいましたが、多くの方が上映されている映画を楽しみに来館します。
サービスデーやバースデー、レディースデーなどといった割引サービスなども行っており、ちょっとやすく見れるのはいいですよね。

【施設情報】
●アクセス:JR吉祥寺駅東口徒歩1分
●住所: 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-3-16吉祥寺東亜会館
●電話番号: 0422-48-6521
●入場料金:一般1,800円、大学生・専門学生1,500円、小・中・高校生・幼児1,000円、シニア(60歳以上)1,000円※学生証や生徒手帳など証明するものが必要です。
その他、サービスデーも有り。
吉祥寺オデヲン

10:吉祥寺サンロード商店街

吉祥寺駅北口を出て、すぐ正面にある屋根ありの雨の日も楽しめるアーケード商店街。飲食店をはじめ雑貨屋さんなど様々なお店があります。昔から経営している個人店もあるので楽しい商店街です。

ゆっくりと歩きながらショッピングを楽しめる場所の一つです。
定期的にイベントも行っているので、その時期に行くと普段とは違った楽しみ方ができます。

【施設情報】
●住所:東京都杉並区堀ノ内2-18 サンロード
●営業時間:店舗による
吉祥寺サンロード商店街

11:吉祥寺ダイヤ街

吉祥寺サンロードの途中から入ることのできる吉祥寺ダイヤ街。オープンして50年以上続きます。
イーストゾーンとウェストゾーン、サウスゾーンの3つに分かれており、近代的で神秘的な雰囲気が感じられます。
多くのお店も入っており、サンロードと一緒に回ればかなりのものが見つけられるでしょう。

【施設情報】
●住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-3
●営業時間:店舗による
●電話番号:0422-22-6030(吉祥寺ダイヤ街商店協同組合)
吉祥寺ダイヤ街

12:中道通り商店街

昭和のような親しみを感じる商店街で、子どもからお年寄りまで多くの世代が楽しめる場所です。
吉祥寺駅から井の頭公園まで続いている中道通り商店街は、他のショッピングセンターなどとは違った楽しさがあります。

一人でもカップルでも家族でも行って楽しめる場所で、普段見つけられないような掘り出し物がきっとあるでしょう。

【施設情報】
●住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目
●営業時間:店舗による
中道通り商店街

13:ハーモニカ横丁

ハーモニカのリードのように小さな店が整然と並んだところから呼ばれるようになりました。ハーモニカ横丁は人がすれ違うのも大変で、狭い路地を抜けて進んでいく楽しさが味わえます。

飲食店だけでなく、雑貨屋さんやサロン、占いなど数多くのお店が立ち並んでいます。

【施設情報】
●アクセス: 吉祥寺駅北口出てすぐ
●営業時間:店舗による
●定休日:店舗による
ハーモニカ横丁

14:風の散歩道

井の頭公園を出て、三鷹駅に向かう間にある玉川上水に沿って整備されている遊歩道。
吹き抜ける風が気持よく、夕暮れ時を歩くと神秘的な風景が楽しめます。

四季折々の景色を堪能できるため、いつ行っても楽しめる場所です。
吉祥寺駅からもいけますが、三鷹駅からの方が近いです。

【施設情報】
●アクセス:三鷹駅南口を出てすぐ
●住所:三鷹市下連雀1~3丁目
風の散歩道

15:成蹊大学のケヤキ並木

成蹊大学へと続いているケヤキの並木道。東京都が選ぶ「新東京百景」や環境省が選ぶ「残したい日本の音風景100選」として有名です。

景観だけでなく、風が吹く時に奏でるケヤキの葉の音も感動てきで、嫌なことを忘れさせてくれます。

成蹊大学が池袋から吉祥寺に移転した時に植林されたため、樹齢は100年を超えています。
圧倒される自然のエネルギーを堪能してください。

【施設情報】
●アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅より関東バスで約10分、成蹊学園前下車
●住所:東京都武蔵野市緑町2−2−28
●電話番号:0422−51−5131(武蔵野市環境部環境対策課)
成蹊大学のケヤキ並木

まとめ……吉祥寺観光は自然と近代的なスポットが融合したバランスのいい場所

いかがでしたでしょうか。吉祥寺にも多くの観光スポットがあるのです。

一番有名なところは、井の頭恩賜公園だと思います。公園内も見どころいっぱいの場所が数多く存在し、一日中いても飽きることなく何回でも楽しめます。ショッピングやレジャーにおすすめな吉祥寺は、デートや家族と過ごす時間に最適といえるでしょう。

吉祥寺の街を調べていくと、調度良く栄えて調度良く自然があり、観光するだけでなく住む街として人気があるというのも頷けます。

今回取り上げた観光スポットを中心にでかけていい思い出を作ってくださいね。

-おでかけ・旅行
-, ,

執筆者:

関連記事

神楽坂観光で非日常体験│ゆったり流れる時間を満喫

神楽坂観光で非日常体験│ゆったり流れる時間を満喫

Contents神楽坂観光で一日中楽しむ!景観変化する歴史ある風情の街毘沙門天善國寺赤城神社la kagu神楽坂通りと神楽坂の街並み・小路神楽坂仲通り本多横丁芸者新道見番横丁かくれんぼ横丁神楽小路兵庫 …

中野観光おすすめスポット10選!オタク文化との合流地点

中野観光おすすめスポット10選!オタク文化との合流地点

Contents中野観光でおすすめは?オタクじゃなくても誰でも楽しめる数々のオタクが集結!サブカルチャーの発信ポイント「中野ブロードウェイ」中野ブロードウェイの最大のまんがスポット「まんだらけ」ヨーロ …

伊那市観光の心身共にリフレッシュできるパワースポット15選

伊那市観光の心身共にリフレッシュできるパワースポット15選

Contents大自然を満喫!伊那市のおすすめ観光スポット15選!!1.春も秋も広大な自然を満喫!高遠城址公園2.長野県と言ったらやっぱりスキー・スノーボード!中央道伊那スキーリゾート3.超有名寒天メ …

巣鴨観光を心ゆくまで楽しみつくすガイド│実は若者も満喫できるスポット15

巣鴨観光を心ゆくまで楽しみつくすガイド│実は若者も満喫できるスポット15

Contentsおばあちゃんの街として知られている巣鴨は若者も楽しめるスポット!1.とげぬき地蔵尊2.巣鴨地蔵通り商店街3.江戸六地蔵尊眞性寺4.すがもんのおしり5.巣鴨庚申塚の猿田彦大神6.徳川慶喜 …

両国観光は相撲だけじゃない│江戸の歴史や命を知る名所

両国観光は相撲だけじゃない│江戸の歴史や命を知る名所

Contents両国観光は相撲だけじゃない!歴史的にも古く、生き方を振り返る名所両国国技館江戸東京博物館相撲博物館相撲写真資料館両国観光案内所回向院東京おりがみミュージアム旧安田庭園隅田川東京水辺ライ …